【レビュー】 minori トリノライン 感想(ネタバレなし) - 妹√で風呂洗う
FC2ブログ

【レビュー】 minori トリノライン 感想(ネタバレなし)

s130.jpg

タイトル:『トリノライン
ブランド:minori
発売日:2017/03/31
原画:きのこのみ、柚子奈ひよ
前作:『罪ノ光ランデヴー


プロローグ

妹が死んだ。
真夏の暑い日、溺死だった。

それは、忘れることの出来ない記憶となって、心に引っ掛かり続けていたけれど。
彼女が生きられなかったぶんも、自分が生きると決めた。
全てを懐かしい思い出として抱き、過去を受け入れ、前に進もうと。

その思いは、確かなものだった。

苦しい幼少期から時が過ぎ、毎日変わらず学校に通う日々。
また暑い夏がやってきて、少し“ 彼女” を思い出した頃。

遠くから聞こえてきたのは、妹が好きだった曲の、ピアノの音。
辿るように歩みを進めた先に、妹がいた。

「これから、よろしくお願いします」
「お兄ちゃん」

妹は死んだ。

その確かな記憶と共に目の前に現れたのは、妹にそっくりなアンドロイド、
“トリノ” だった――。

――――――――――――――――――――

トリノが完成した。
もう一度、あの日々を始められる。

人工知能を持つ人型ロボット――アンドロイドの技術が飛躍的に伸び、少しずつ社会に浸透している現代。

その知能の研究で大きな功績を収めていた 紬木沙羅 は、新型アンドロイド “トリノ” を完成させる。

見た目や動きは、人と全く見分けがつかない。
声もぬくもりも、人間そのもののようだ。

それから、このアンドロイドのもう一つ特別な点は――

“七波舜” の亡き妹、“七波白音” の記憶を持っているということ。

「おはよう、トリノ」
「あなたが―― 私が、世界を変える時が来た」


一言レビュー
好きなキャラによって評価が分かれそうだけど、味わい深いゲームでした。クリア後もしばらく作品について考えてしまいます。今回も数年後でもストーリーを思い出せる記憶に残る作品でした。
あらすじから妹ゲーかな?と予想していましたが、メインは「ヒトと人工知能」の話です。プレイ前後で人工知能に対する考えが変わったなぁって実感がありました。
ストーリーは、シロネが目立ちすぎた感があります。(詳しくは沙羅√で)
エッチシーンはかなり良かったです!ヒロイン全員のキャラデザが良いのですべてのエッチシーンが良いです。
いつも通りですが音響はOP、ED、BGMどれも良かったです。エッチシーンのBGMはちょっと気になる。


レビュー
『トリノライン』のレビューです。
ルート別、ほぼネタバレなしでのレビューになります。プレイ済みの方だけに伝わる程度のネタバレはあります。今回の攻略キャラクターはシロネ、夕梨、沙羅の三人です。前作同様にルート制限があり、先に2人(シロネ、夕梨)を攻略してから、物語の核心に迫る最後の一人(沙羅)が解放されます。選択肢は例によってルート分岐のときのみです。
物語は全体を通して、死生観や生命倫理、人工知能の倫理といった哲学的な問題が出てきます。「生きているだけで幸せなのか」や「ヒトとアンドロイドはどう違うのか」、「人工知能は社会にどのように参加すればよいか」といった、プレイヤーが答えを出すのに時間がかかる問題を扱います。物語が進む中で主人公(プレイヤー)はこうした問いと向き合うことになります。作中でポンと答えを出されても素直に受け入れられるものではないでしょうし、じっくり考えてみることで作品をより楽しめると思います。
その場で見せられて「わ~、たのし~」という瞬間的な楽しさよりも、ゲームで経験した出来事について考える楽しさのほうが大きいです。
プレイ時間はいつものminori作品といった感じで十数時間でプレイは終えられます。ただ、先ほど述べたようなテーマを扱うので、誰かを攻略したら1日空けてプレイするのが良いかも。自分の中で物語を消化する時間があると良い感じです。それが中々楽しくて、ゲームでの出来事について考える、実プレイ時間外プレイ時間なんて言葉が浮かびました。いつものminoriより実プレイ時間外プレイ時間は長めになったと思います。


s131.jpg
シロネ√
お気に入りのルートです。
シロネルートだけを取っても作品になるような気がします。話の雰囲気が好きです。最初から最後まで、どのルートでも「お兄ちゃんお兄ちゃん」してたのも良かったですね。台詞が5つあると、そのうちの2つには「お兄ちゃん」が入ってるのではと思うほどお兄ちゃんと呼んできます。妹感があってとても良いです。プレイするまで、「亡くなった妹の記憶を持つ、妹にそっくりな見た目のアンドロイドがやってくる話」くらいに思っていたので、シロネがメインじゃなかったのはちょっと残念でした。パッケージのキャラの並びで「もしや」とは思ってました…。最後にルートが解放されるキャラじゃない割には目立ちすぎて、シロネがメインの物語があったとしたらどんな感じなんだろと想像してしまいます。
ED曲も良かったですねー。
各キャラにそれぞれ異なるED曲があるのですが、シロネのEDが一番良かったです!
シロネの思いが歌われて、「あぁ、こういう気持ちだったんだなぁ」とぼんやりとしていたシロネに対する理解が確かになりました。どの曲もそれなりにストーリーと関係した歌詞になってるのですが、シロネのED曲が一番効果的だったように思います。


s132.jpg
夕梨√
ネタバレなしだと書きにくいですが、まあまあ良かったです。「にひっ」が可愛い。
ユウリとのシーンでは、私は「俺は甘かったんだな・・・」と思いました。
夕梨とのあの距離感の変化が良かったですね。
あとエッチシーンがえっち。ネタバレ回避のため、詳しく書けませんがこちらも好みの話でした。


s133.jpg
沙羅√
最後に解放されるメインキャラクター。タイトルになっている「トリノライン」もここで分かります。
ストーリーは、シロネと夕梨が劇的だったせいか無難に感じてしまいます。攻略制限付きルートの割には急ぎ足だったのが残念です。終わり方とかルビィのシーンとかあっさりだった気がします。みんなが幸せになるのは良かった。
購入前からシロネに期待してたってこともあるけど、物語を通して積もったシロネへの思いが重すぎて、沙羅√で語られる「トリノライン」に気持ちが動きませんでした。共通ルートでもシロネに意識が向かいますし、なんかこうもっと最後のヒロインである沙羅にも意識が向かう感じにしてほしかったと思います。
キャラだけを見れば、沙羅の優しいところや意外に熱いところが好き。意志が固いところもいいですよね。

minori過去作品、『罪ノ光ランデヴー』や『ソレヨリノ前奏詩』では、共通ルートで話の中心にいた人物が攻略制限付きでした。今回は共通ルートの中心にシロネがいて、最後に沙羅という構成だったのですが、共通ルートで得た「プレイヤーのシロネへの思いを動かして、気持ちを沙羅に向けさせること」ができなかったように思います。罪デヴとソレヨリは最初から最後まで同じキャラが好きでしたからね。ふと思ったけど、沙羅は結構まともなヒロインですね…。


終わりに
なんだかんだ言ってもヒロイン全員が可愛いのでキャラの好みによって評価が分かれそうな気がします。シロネが好きな方は「シロネが一番良かった!」と、夕梨が好きな方は「夕梨が一番!」と、沙羅が好きな方は「沙羅ちゃん最高!トリノライン最高!」となってそうです。
ストーリーは個性がありますし、キャラデザも良いです。数年経っても誰がどんなルートだったかを思い出せる記憶に残る作品でした。また、クリア後には実感する程度に人工知能観が変わったのもポイントです。沙羅にもう少し気持ちを向けられる構成だったらグッドでした。
どのヒロインにも魅力があるので、好みの子がいたら是非プレイしてみてください。記憶に残る作品です。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する